デザイン住宅で憧れの新居を、豊富なデザインでおしゃれな生活を送る

質のいい業者

注文住宅というとどういったイメージをお持ちでしょうか。
自分たちの好きなように住宅を建築できるというイメージをお持ちの人も多いのではないでしょうか。
実際にメディアなどに登場するこだわりのマイホームなどでは見たこともない設備や間取りなど住宅ごとに全く異なる家が完成しているのです。
こういった家の多くは設計士事務所で契約されたものが多いのです。
設計の過程で設計士と現場監督、建築主がこうしようああしようなどと打ち合わせをしているのもこういった会社の特徴です。
一方でハウスメーカーではあらかじめある程度設計がされていたり設計のベースが決まっている会社が多いのです。
ですから打ち合わせも設計士と行うのではなくコーディネーターや営業担当など建築士以外の人と打ち合わせを行う会社も少なくないのです。

建築士や設計士の多くは現場の収まり等の仕様も理解して打ち合わせをしているので放っておいても図面通りの現場を完成させやすいと言えます。
一方でメーカー系では現場の収まりを理解せずに打ち合わせしている場合も多く現場と図面が異なるというトラブルも多いのです。
もちろん現場サイドが図面と異なる施工ミスをすることもありますが、こういったトラブルの多くは現場で施工不可能な図面である場合も多いのです。
こういったトラブルを事前に避けるためには経験豊富な担当者に自宅の建築を担当してもらうだけでなく、施主側でも現場を頻繁に確認する必要があります。
施主が間違いを指摘するような現場管理をするような建築会社は避けるべきですが万が一そういったトラブルが発生した際にも随時指摘し早急に対応してもらうことで修正が可能な場合もあるのです。